一般教養(世界史)勉強法

一般教養の勉強方法は以前に別エントリーで書きましたが、各科目についてもう少しずつ補足していこうと思います。今回は世界史についてです。

スポンサーリンク

覚える範囲が膨大

どの科目もそうですが、世界史や日本史などは他と比べても覚える量が膨大です。なにせ人間の歴史ですからね。これを効率よく頭に叩き込むにはどうしたらいいでしょうか。

歴史は苦手科目だった

私自信、歴史科目は昔からの苦手科目でした。絵が浮かばないというか、実感としイメージしずらいからでしょうかね。なかなか頭に入ってこないのです。

そこで、邪道でもいいからとにかくイメージとして視覚に訴えかけるような教材を探しました。

救ってくれたのはマンガだった

見つけた教材はマンガでした!

この手の書物はかなり警戒していましたが、思い切って購入。それが正解でした。中身は本当にマンガです。文字が多少多く感じるけど、登場人物のイメージと名前がパッと目に入ってくるので、あとから映像として頭に残りやすい。

それが結果としてキーワードを彷彿させるときに最適な手掛かりとして記憶されています。

見える化は大事

エネルギーの見える化とはまた次元の違う話ですが、勉強の世界でも見える化は大事だと実感する科目でした。イメージとして暗記するというのは想像以上に頭に残ります。

ちなみに私が使っていたマンガの参考書はこちら↓です。