一般教養(数的推理・判断推理)勉強法

スポンサーリンク

私は苦手分野だった一般教養

今回は一般教養です。
私はかな〜り苦手でした。涙

特に一番点を取らねばならない「判断推理」「数的推理」のふたつにおいてはかなり苦戦しました。。。

どの公務員試験でもこのふたつはぜっっったいに欠かせない科目です!これがセンスで出来る人はかなり合格に近づきます。センスでできちゃう人もいるんです。

この2科目はまず畑中敦子の数的推理の大革命!使います。通称「ワニ本」と言われる本です。パズルのような問題が多い科目ですが、何種類かのパターンがあります。その解き方をこれで覚えるんです。

これを受験直前までひたすらにまわします。私はたぶん20回以上やりました。。。ほんとダメだったんです。パズル的な問題は得意かなぁと思ってたんですけど、全然解けなかったので大変でした。
逆に言えばこの2科目を制すれば、かなりの確率で合格に近づけるはずです!専門が苦手な方はこっちを重点的にやるのもいいと思います。
ただ、これも何回もやっていると答えまで覚えてしまうので初見の問題に対応できる力を養わなければなりません。
それにはやっぱり新スーパー過去問ゼミ数的推理を使うのがいいです。これをやるときには、ある程度解き方をマスターして本番と同じだと思ってやってください。時間も何分かけると
決めてやるといいです。あくまで、初見の問題にヒラメキで対応する力をつけるためにやることですので、ダラダラ解かないようにしてください!
また「標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”を最初にやるのもいいと思いますこれでしっかりと判断推理を学べば、パズル的問題でもしっかりとしたプロセスを追って解くことができるようになります。
この2科目は点を取れるようになるまでにかなり時間がかかります。今からでも勉強してコツコツとレベルアップしてください!
その他の知識系科目についてはまた別エントリーで。
頑張りましょう!