経済系勉強法

スポンサーリンク

敬遠されがちな経済系の科目勉強法

今回は経済系の科目勉強法です。
公務員受験生にとって避けては通れない鬼門中の鬼門。ミクロやマクロがそれにあたりますが、初学者にとってはマジで難しい。涙

全くもってわけがわからないと思います。僕もそうでした。。。だって数学Ⅱまでしかやってないもん!涙
偏微分とかわかんないし!涙

覚えるのは試験に必要なものだけ

でも公務員試験に出てくる数学的な考えは理屈はどうでもいいんです。ぶっちゃけ。自分なんて微分すら覚えていなかったので。。。

要するに肩の数字を1引いて左の数字にかける。笑

ほとんどそんな感じで機械的に作業していくことだけを考えました。理屈は今でもわかりません。笑

具体的な勉強法はまず最初に「らくらくミクロ経済学入門」をやります。

これはほんとに初学者のための本なので、経済系の学部出身の方はやらなくてもいいと思います。私は2周くらいやりました。とりあえず完璧にできるようにならなくてOKです。あくまで
体系的な見方だけを学ぶ感じで。
それが終わったら、やっぱりこれです。スー過去!!
「新スーパー過去問ゼミ2 ミクロ経済学」をメインに進めます。
わからないところがあればらくらくの方で確認するのもいいでしょう。経済系はほんとにわからない時はわかりません。
なので「解き方を覚える」ということを頭においてやりましょう。そうするといくらかパターンが見えてきます。経済も法律系と同じようにほとんどパターンが決まっていますから、解き方を覚えるだけでいいんです。その点、スー過去はレジュメ部分で解き方を順序立てて説明しているので、しっかり読めば解けます!

公務員試験に効く!暗記の方法

あとは覚えるということですが、これはもうしこたままわすしか方法はありません。涙
私は10回まわしました。
ローテーションを早める事で「あ〜見た事あるけどわかんない」

「とりあえずMCを…」

「ん?なんか見た事あるカタチ!」

なんてゆう風に芋づる式に知識が出てくるようになります!なんの科目でもそうですが、とにかく諦めずにまわしまくる!それが一番大事で一番力になります。公務員試験にチャレンジする人を見ていると、みなさん

「まわす」
「〜周」

という言葉をよく使っています。最初は聞き慣れない感じですがある意味それがステータスのような感じになっています。笑

ここは負けじと気合でまわしまくるのみです!
頑張りましょう!