公務員の現実‐合コンでモテるはウソ?ホント?

公務員の現実シリーズがすごい人気でビックリしています!

みなさん気になるのでしょうか…これまでとちょっと趣向を変えてこんな話題はいかがでしょう?

ズバリ…「公務員は合コンでモテる!ウソかホントか!」

スポンサーリンク

はじめに

よく毎年のように結婚したい職業が発表されますが、大体が医者とか公務員とか上位にランクインしてますよね。そして合コンに来るとテンションがあがる職業も大体同じ結果です。いま受験期を迎えてる方の中には「合格したら絶対モテるはず!」「キャリアウーマンにならないではやく結婚したい!」なんて考えている方も多いのでは?

さて、実際のところ合コンにおける公務員の評価はどうなんでしょう?実際に友人や私の体験をもとに紹介していきたいと思います。

合コンのお誘いが多くなる!

実体験ですが、合格した途端に合コンの誘いが次から次へと入ってきました。笑

これはホントです。

お金にも限りがあるので嬉しいかな悲しいかな状態でしたが…

誘ってくれた理由を誘ってくれた友人に聞いてみると「公務員の友達を連れて行くって相手に言いやすいじゃん」とのこと。

つまり「会社員だよー」というよりも「公務員だよー」という方が、カテゴライズがより詳細でイメージしやすいからみたいです。なので紹介しやすいんだそうです。確かに会社員だと色々ありますもんね。営業とか、企画とか、経理とか。とは言っても公務員も色々あるんだけどなー。

やっぱり女性は公務員の男性に憧れる!?

女性側の意見も聞いてみました。やはり安定・高給・安心と三拍子揃っているというのが大きな魅力に感じるようです。結婚する相手としては最高と。「医者は給料よくても忙しすぎるし、地方公務員であれば転勤も地元だけで最高!」らしいです。ということでウソではない

やっぱり世間的なイメージって強いんだなと実感しました。目の色が変わるというのを体験できると思います。恐怖すら覚えるときもありましたが…

しかーし!ひとつだけ声を大にして言いたい!高給ではないぞっ!!

まぁそれでも今の時代わりかし安定しているのは間違いないので、それだけでも十分魅力あると感じるらしいです。もちろん給料知った時には二度聞き、三度聞きされました。笑

女性公務員も好感度が高い!

これ、気づきませんでしたが結構あると思います!産休育休とりやすいし、復帰してもある程度稼げる。そこまで仕事もハードじゃない。(←これは幻想の部分もありますよ)そんなイメージが男性には多いようで、結婚するパートナーとしては共働きのライフスタイルにピッタリとのこと。確かにそれはあるかもしれませんね。公務員は女性には優しいです。男女共同参画の社会ですから、率先して女性の地位向上を目指して行動する義務がありますから。(←そのせいで男性が肩身の狭い思いをすることも…)

女性で公務員になった友人は結構結婚が早かったりしました。一気にモテたらしいです。

だけど合コンで注意が必要なことも

公務員たるもの、プライベートも公務員としての品位を保たねばなりません。つまりお酒の席だからといって許されることと許されないことが民間企業よりもシビアです。

仕事の話はどこまでしていいのか大いに悩むと思います。扱う情報が秘密事項であることも多いですから。それに、公務員が近くで飲んでいるとわかると因縁つけてくる方も稀にいますw

ですので、仕事関係の話をどうしても外でシなきゃいけない時は私は小声で喋ってます。職業がバレないように。

また、公務員だからといって色々質問されることがあると思います。例えば「私の税金てなんでこんな高いの?あといくら給料減ったら安くなるの?」とか。言いたいことはわかりますが、聞かれた身としてはまずその仕事内容が分からないと全く答えられません。特に新入職員は。とてつもなく広い分野の仕事が公務員という枠の中にあるのに、相手はひとくくりにして質問をぶつけてきます。ハッキリ言って拷問ですよ。笑

あとは公務員が根っから大っ嫌いって人も結構いますのでご注意を。

まとめ

結局のところ、わりと合コンでのウケはいいと思います。理由は結婚相手に最適だから。なので軽い付き合いでは無く結婚直結なノリが多いかもしれません。

ただし!実際の給料聞いたときのギャップだったり、公務員ならではの悩みに寄り添ってくれる相手でなければ長続きしないと思います。それはどんな職業でも一緒ですね。

さて、少しは夢のあるお話ができたでしょうか?最近「公務員の現実」と称してちょっとネガティブな記事ばかりでしたので、勉強の息抜きがてらポジティブな記事を書いてみました。笑

モチベーションアップにつながればと思います!

ファイト!